2020-09

スポンサーリンク
TesseractOCR

【TesseractOCR】TesseractOCR Ver 4.1.1 の OCR環境をDockerコンテナ (Ubuntu)に作る方法。

今回はTesseract OCRのOCR処理を行う環境をDocker上に構築する方法について記載いたします。 Tensorflowも然りですが機械学習系の環境はローカルPCをかなり汚染するのでDocker上に環境を構築ことはかなりメ...
TesseractOCR

【TesseractOCR】Ver4.0でLSTMが搭載され変わった点についてご紹介。

今回の記事はTesseractOCRのVer4.0でLSTMが搭載され変わった点についてご紹介していきます。Tesseractに関して興味がある方は是非参考にして見てください。 TesseractOCR Ver4.0...
TensorFlow

【TensorFlow】転移学習で自作したpbモデルをtflite形式に変換する方法ご紹介。

今回の記事はTensorFlow(今回は「Object Detection API」)でTFRecordと既存モデル(MobileNet)を転移学習させたpbモデルをTensorFlow Lite形式のtflite形式に変換する方法をご紹...
スポンサーリンク
TensorFlow

【TensorFlow】tflite_convertのコマンド操作とオプション解説。〜TensorFlow形式の pb グラフをTensorFlow Lite形式の tflite グラフに変換〜

今回の記事はTensorFlowモデルをエッジデバイス用の軽量モデルであるTensrFlow Lite変換する為のtflite_convertメソッドの使用方法とオプションが何を示しているかわかった範囲で記載します。 この変換をミス...
北海道

【北海道旅行】札幌から網走まで往復旅行に必要な日数とモデルコースご紹介。

今回の記事は2020年9月のシルバーウィークに赴いた北海道の観光に際して広大な北海道を車で横断(完璧な横断ではないです。)をしたいと考え観光地を先に決めてから実際に時間的にも体力的にも可能かを計算し、実際に行ってきた体験談になります。 ...
Swift

【Swift】緯度と経度から2点間の距離を計算する方法ご紹介。

今回の記事はSwiftのCoreLocation関連のメソッドである2点間の距離を緯度経度の情報から取得する方法についての記事です。 緯度と経度から2点間の距離を計算するSwiftコード import CoreLocation...
Docker

【Docker/TensorFlow】Docker上でTensorFlow Object detection APIの環境構築用のDcokerfile。

今回の記事はDocker環境上にtensorflow環境を作りそのTensorflow環境下にobject detection APIの環境を構築するためのDockerfileを自身の備忘録として残しておきます。 FROM pyth...
Swift

【Swift】現在地を取得しmapviewに表示させる方法。〜 「CoreLocation」import 〜

今回の記事ではiOSアプリで現在地を取得する方法について記載している記事です。 以前mapkitviewを使用した現在地の取得方法は記載しましたがmapkitviewが特になくても現在地情報は取得できる様なので今回はその方法をご紹介...
Mac

Ubuntuのフォルダ内ファイル数確認コマンド。

自身の覚書です。 Linux関連のフォルダはサーバなどになっていることやDockerコンテナ内に生息していると思いますが、機械学習などをAWSなどのサーバで行っていると画像ファイル数の確認だけでもめんどくさいのでそれようのコマンドで...
Swift

【Swift】mapviewでピン操作(現在地、長押し、drag移動など)を行う方法。〜MapAPP作成④〜

今回の記事は地図アプリにピンを立てる方法についての記事です。地図アプリではよくあるメソッドですね。 前回までの記事で自分の現在地を取得してmapkitview(地図上)に表示させることはできていると思います。今回は下記の続きから行え...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました