スポンサーリンク

【Amazon Prime】ミステリー海外ドラマTOP7 〜 あらすじ・感想 〜

海外ドラマ
スポンサーリンク

今回の記事はAmazon Primeのミステリー海外ドラマTOP7に関してあらすじや感想をまとめてご紹介する記事です。Amazon Primeで何かミステリー作品を見たいと考えている方は是非参考にしていただければ幸いです。

スポンサーリンク

【Amazon Prime】ミステリー海外ドラマTOP7

第1位:ボッシュ

シーズン:1〜7
各シーズン話数:12程度

「BOSCH」は、マイケル・コナリーの世界的ベストセラー小説が原作。LA市警殺人課刑事のボッシュが、過去のトラウマを抱えながらも、信念を貫き通す姿を描いています。派手なアクションや推理ではなく、人間ドラマが軸になった見応えある作品です。かめばかむほど味が出るスルメのようなドラマです。

推理面でも非常に事件が入り組んでおり、伏線等も多い作品です。緊迫感あふれるドラマを是非見て下さい。

第2位:そして誰もいなくなった

シーズン:1
各シーズン話数:3(1話につき1時間〜1時間半程度)

1939年に発表された本作は評価・人気ともにクリスティの最高傑作であるという呼び声高く、45の言語にて世界中で1億部以上を売り上げている大ベストセラー。2015年のクリスティ生誕125年記念特集ドラマとして、英BBC Oneと米Lifetime Channelが放送した。

孤島から出られなくなった10人が1人ずつ殺されていくというクローズド・サークル(閉じられた空間)の代表作であるとともに、「童謡殺人」(見立て殺人)の代表作でもあり、彼女自身が戯曲化もし、その後の舞台、映像の作家たちに計り知れないほどの影響を及ぼしたミステリーとして知られています。

本作品はスリル満点ではあるのですが、どこか気品的なものを感じる点が魅力の作品です。有名な話なので知っている方は多いかもしれませんが、再度映像として視聴することは非常に意味のある作品と思います。

第3位:ミスターロボット

シーズン:1〜4(全話Amazonプライム見放題)
各シーズン話数:12話(最終シーズンはもうちょい少なかった気がします。)

これは私のホームページを見てもわかるようにプログラミングをする人からすると夢のあるハッカーの青年(エリオット)の話です。しかし、ただのハッカーのドラマではないんです。コングロマリット企業(インフラ的な大企業)を打倒し、一部の神様ごっこをしている富裕層の構造自体を壊すためにあるハッカー集団に加わるのですが、実はその組織を動かしていたのが…。これ以上はネタバレになってしまいそうなのできになる方は私の別記事での感想の記事を見てみてください。シーズン2以降は中国政府なども話に関わって来ており、どんどん規模がましていきまたエリオットのある症状にも拍車がかかって来ます。すごくネタバレしたいですが詳しくはみてください。

シーズン1ネタバレ解説
シーズン2ネタバレ解説

第4位:ビッグ・リトル・ライズ

シーズン:1〜2
各シーズン話数:10

ビッグ・リトル・ライズ (字幕版) 作家リアン・モリアーティによる同名のベストセラー小説を基にしたダークコメディ作品。小学生の子を持つ3人の母親たちの完璧に思えたそれぞれの人生が、ある殺人事件によって崩れていきます。

第5位:エレメンタリーワトソン

シーズン:1〜7
各シーズン話数:24程度

かつてスコットランドヤード(ロンドン警視庁)の顧問をしていたが、薬物依存のリハビリのためアメリカ合衆国ニューヨークに移住したホームズ。リハビリ施設を出所後、彼はニューヨーク市警の顧問となり、凶悪犯罪の捜査に協力することとなる。そこにホームズの父親からの命を受けて、薬物依存からの離脱者の付添人として派遣されてきたのが、元外科医のジョーン・ワトソンだった。彼らは6週間の共同生活をスタートさせ、ホームズはその鋭い観察眼と天才的な推理力、及びワトソンの医学的知識やなにげない助言、2人のぶつかり合う会話から手がかりを得て、数々の難事件を解決していきます。

第6位:デクスター

シーズン:1~8
各シーズン話数:12

ジェフ・リンジーの小説『デクスター 幼き者への挽歌』が原作であり、第1シーズンのプロットはほぼこの小説の内容を踏襲している(ただし、サブキャラクターの性格設定や、ストーリーの細部は改変が加えられている)。なおリンジーは原作小説の続編を発表し続けているが、ドラマの第2シーズン以降はリンジーの続編小説とは内容が離れ、テレビシリーズ独自のストーリーが展開されており、主人公が殺人を繰り返す日々の中、新しい理解者、友、目標とする存在などが現れ、妹、恋人、同僚という近しい存在と彼らと、どちらを選ぶかという対立構造で描かれると同時に、自らの正体に迫る状況からの回避やシリアルキラー同士の対決が並行する。

主人公の心の葛藤が見もの作品です。

第7位:埋もれる殺意

「埋もれる殺意」は、英国で制作された刑事ドラマです。ただひたすらに、実直に刑事たちが事件の真相に迫ります。次第に事件の全容が見えてくる展開にハラハラします。過去の未解決事件の白骨遺体の発見から事件がスタートしていきます。

本作も掲示の地道な操作を再現しており、作品としては良いと思います。

では今回の記事は以上です。他にもAmazon Primeのおすすめ海外ドラマなどを記載しているので是非そちらも合わせて参考にして見て下さい。

【Amazon Prime】おすすめ海外ドラマTOP25」
【Amazon Prime】絶対に飽きないおすすめ海外ドラマTOP20

記事は以上です。他にも多数の記事を記載しているので是非そちらも合わせて参考にして見て下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました