スポンサーリンク

【BOSCH/ボッシュ】シーズン1-第5話ネタバレ解説。

2.海外ドラマ
スポンサーリンク

今回の記事はアマプラで私の好きな作品「BOSCH/ボッシュ」のシーズン1-第5話に関してのネタバレ解説記事です。非常に面白い作品ですが、なかなか内容が難しいので話がわからなかった方などは是非参考にしてみて下さい。完全にネタバレを含むのでご注意ください。

スポンサーリンク

【BOSCH/ボッシュ】シーズン1-第5話ネタバレ解説

ウェイツ捜査

LA市警一丸となり捜査に当たります。

ムーアの相棒ジョンソンはムーアに付き添っています。

ウェイツの隠れ家

ウェイツが隠れている家におばあちゃんが帰ってきます。おばあちゃんはウェイツを知っている?もしくは息子と勘違いしている?のか普通に接しています。まだ状況はわかりません。

薬のことなども知っているため本当のウェイツの母なのかもしれません。

ウェイツはその家の地下に拠点を作ろうとしています。

白骨事件捜査再開

オシェイが記者会見で警察に全て責任を投げたことをアービィンにより知りました。

アービィンによりボッシュはウェイツの捜査から外し、自身の事件(白骨事件)の方を先に解決してほしいということ。ボッシュに怒っているわけではなく場渡的な立ち回りは良くないという意見です。

捜査を再開し、ボッシュは被害者アーサーの父に会いに行こうとする。その前にアーサーの母が訪ねてくる。ウェイツ逃亡のニュースを聞き話を聞きに来ただけのようです。

次にアーサーの父に相棒のエドガーと車を走らせます。ボッシュはアーサーを殺したのはアーサーの父で、ウェイツの証言は逃亡するための嘘であると考えています。

アーサーの父に話を聞くと父は犯行を自供します。所内に移動し、取り調べを再開します。

しかし、話を聞いていると曖昧な点が多いです。まず、死体を担いで山を登ったとのことですがこれはボッシュが一度登っている点から難しいと考えられます。また、車のドアにぶつけて死んだとのことですが、レンガやバットで殺害されている点からこれもありえないと考えています。

父の自供をアーサーの姉に話にいきます。アーサーの姉「シーラ」は父は暴力など振るったことなどないといいますが、少し動揺しています。何か裏があるのかもしれませんね。

次の日エドガーはローレルキャニオンに死体のダミーを担いで登りますが、それは無理だと判断します。

アービィン本部長代理と息子ジョージの会話

ジョージの不正に車を止めた件に関してアービィンが息子のジョージに現在の状況を説明します。

  1. 相棒が不正を報告しようとする
  2. 誰か(ボッシュ)がそれを止める
  3. 誰かが本部長代理の恩を買った(ボッシュはそんなこと考えてないかもですが、考える人もいるかも)

こういった流れがあるので行動に注意しろとのことです。

ボッシュの家族語り

ジュリアと前妻の話をします。前妻は「サラ・クラーク」はFBIのプロファイラーで今はラスベガスのディーラーとして働いているとの話を聞きます。

白骨事件捜査続き

夜間にアーサーの父「サム」の家の猫の存在に気づき引き取りに向かいます。しかし、そこにはアーサーの姉「シーラ」が猫を引き取りに来ており、驚くボッシュ。

やはり少し怪しいですね。何かを探している様子でした。

ボッシュはアーサー父の家で引き出しの下に隠してあった写真を発見します。なんと娘の「シーラ」と父「サム」の卑猥な行為をおこなっている写真でした。

ウェイツの新たな犯行

男性売春婦を見つけモーテルに誘います。そこでその男性を殺害。

以上で「BOSCH/ボッシュ」シーズン1-第5話のネタバレ解説を終了します。次回は「BOSCH/ボッシュ」シーズン1-第6話のネタバレ解説を行います。興味があれば是非みていって下さい。

おすすめ情報ご紹介。

下記リンクよりU-NEXTの契約をすると31日間無料でU-NEXTの全動画約21万作品を見放題です。31日期間に解約すれば0円です。今だけのおすすめ情報なのでまだ登録していない人は是非!

スポンサーリンク
2.海外ドラマ
スポンサーリンク
シェアする
スポンサーリンク
SunnyDayTravel-Blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました