スポンサーリンク

【ミスターロボット】シーズン2-4話ネタバレ解説ご紹介。

2.海外ドラマ
スポンサーリンク

今回の記事は海外ドラマで大好きな作品「ミスターロボット」シーズン2-4話を詳しくネタバレ解説していく記事です。「ミスターロボット」は全体を通してかなり面白いのですが、少し複雑な部分もありますので作品を見てわからなくなれば参考にしていただければと思います。

スポンサーリンク

【Mr.Robot/ミスターロボット】シーズン2-4話ネタバレ解説

エリオットとダーリンの過去

エリオットの家を訪れるダーリン。過去の回想です。昔見た映画を一緒に見ることに。そこでエリオットはFソサエティの放送で使用していた仮面を持ち出し語ります。

Eコープを倒す目にオールセーフに勤務し、トロイの木馬になれる。アクセスを得て、マルウェアを放つ。バックアップを破壊。大事なのは其の後だ。終わった後放置していることが多いが大事なのはそのあとだ。

そういって世界を変えることをダーリーンに強く訴えるエリオットです。

エリオットとダーリーン

現在のダーリーンがエリオットに会いに来ます。ダーリーンはDCでも大きなことをするとエリオットに打ち明けます。しかし、エリオットは上司のギデオンが死んだことからダーリーンの行動は危険だと止めます。

エリオットはダーリーンが何か秘密を抱えていることを悟ります。

Fソサエティの操作

Fソサエティの隠れ家を見つけたディピエッロ。操作を行います。何も発見できないようで、仲間のFBIはここが本当に隠れ家なのか疑っている様子ですが、ディピエッロは強い確信を持っているようです。

レイからチェスをもらうエリオット

レイはエリオットが何か深い秘密を抱えていることを理解します。そこで、自身を理解するためにもチェスを自分とさせと言われます。

ミスターロボットはエリオットに今後の主導権をかけてチェスをしようと提案してきます。しかし、エリオットは怖くなりそれを拒否します。

エリオットとクリスタ

クリスタとカウンセラー。エリオットは先ほどのチェスの提案をカウンセラーのクリスタに相談します。クリスタはミスターロボットはエリオットの一部。自分の一部を破壊することは非常に危険な行為であると忠告をするのでした。

ホワイトローズとフィリップの会話

電話越しで話をするホワイトローズとフィリップ

Eコインという計画を進めるとのことです。また、ホワイトローズは自身の家で、中国語で男と話をしています。その男からFBIの現在の捜査状況の報告書をもらっています。どういうつながりなのでしょうか?ハッキングしたのかどうかもわかりません。

この会話での要点は以下です。

  • ホワイトローズとフィリップは何かを一緒に始めた。きっかけを作ったのはホワイトローズ
  • Eコイン(おそらく銀行の引き出し限度額などが決まったために通貨が使用できていない件で、ビットコイン的な何か仮想通貨的なもの)の発表をする予定
  • ホワイトローズは豪邸に住んでおり、登場した男に恋をしている
  • ホワイトローズは中国語を話す

ダーリーン混乱

ダーリーンは町中を歩いていますが、混乱しているようです。シスコがダーリーンを見つけ、声をかけてきます。近くのバーに入り、FBIがFソサエティの隠れ家をみつけたことを教えます。

ダーリーンはダークアーミがこの現状を引き起こしているのかを確認します。しかし、シスコはおそらくダークアーミは関係ないといいます。

ロメロの件に関してもダークアーミが関与する理由があまりないとのこと。

ダーリーンを心配するシスコ。二人は昔のように恋人の関係に戻ります。ロメロが死に際FBIを調べていたことを告げられます。FBIのベレンスタイン作戦という極秘の監視作戦に参加しているメンバーに関して調査を行っていたようです。

FBIが絡むとダークアーミも敏感になるとのことです。

ダーリーンはそれを知りおびえます。ダーリーンが町を出るとFBIの操作は逃れられる、しかし、ダークアーミーに殺される可能性が高まることから、シスコが自分が何とかするからとダーリーンを励まします。

エリオットに相談に来るダーリーン。しかし、エリオットは元上司のギデオンが死んだことによりまだショック状態のため、何もするなとダーリーンに言います。ダーリーンは現在のエリオットでは助けにならないと怒り、エリオットの別人格ミスターロボットが必要だというのでした。

シーズン1でカリスマ的に計画を実行したミスターロボットの力で現在の状況を解決する必要があるということだと考えられます。

ミスターロボットとチェス勝負

エリオットは友達のレオンとの会話でミスターロボットに勝負を挑むことを決意します。

レオンが意外と重要な役目を果たしています。

ミスターロボットとチェスを開始しますが、何度やっても引き分けになります。それもそのはず、ミスターロボットの考えはエリオット、エリオットの考えはミスターロボットのため勝敗がつくことはあり得ません。

ついにミスターロボットはエリオットに「仲間と共に大義を果たせ。」と怒ります。「俺はここに痛いんだよ。」と最後にいうのでした。

その後、ダーリーンから電話がかかってきます。エリオットはミスターロボットか自分かどちらが必要か再度ダーリーンに確認をとり、自分という返事で何かを決心。レイに会いにいくのでした。

レイのビジネス

レイはエリオットに仕事を依頼する。サイトの移転をどうやらして欲しかったようです。エリオットは簡単にできると言います。

しかし、ここでレイのビジネスの闇が見え隠れします。レイはエリオットに余計な作業はせずにこの仕事だけを行えと念押しするのでした。

そしてローンスターという部下を残してエリオットに作業を依頼するのでした。

PCを手にしたエリオットはダーリーンに早速連絡をとります。

どうやらレイの仕事は引き受けましたが、メインはPCを借り、ダーリーンに連絡を取ることが目的だったようです。自分のPCを使わないのはなんで?と疑問に思いますが。。

ダーリーンからFソサエティの隠れ家のゲーセンが見つかったことや、FBIの監視作戦が動いていること、ロメオが死んだことなどを知ります。

ダーリーンの危機的状況を知り、FBIをハッキングすることを決めるのでした。

以上が「Mr.Robot/ミスターロボット」シーズン2-4話のネタバレ解説です。エリオットはFソサエティの活動からいっさい離れており、現状がわかっていない状況というのには驚きです。また、エリオットを取り巻く不審な点がいくつか浮かび上がっております。

例えば電話に出るときは携帯ではない点やPCを持っていない点などです。伏線なのか?

では次回は「Mr.Robot/ミスターロボット」シーズン2-5話のネタバレ解説を記載します。興味があればそちらも見てみて下さい。

シーズン2通してのネタバレ解説まとめはこちらから。

コメント

タイトルとURLをコピーしました