スポンサーリンク

「SwiftyStorekKit」審査でGuideline 2.1でリジェクトされる原因と解決策。

雑記・未完成一時保存
スポンサーリンク

今回の記事はSwift開発での課金処理を「SwiftyStoreKit」を用いて行った際に、テストでは問題なかったが、Appleの審査ではGuideline 2.1でリジェクトされる原因と解決策に関してご紹介します。初心者にとっては必ずつまづくであろう問題ですので頭を抱えている方は是非参考にして下さい。

スポンサーリンク

「SwiftyStorekKit」審査でGuideline 2.1でリジェクトされる原因

こちらの問題の原因は「SwiftyStoreKit.verifySubscription」などのサブスクリプションアイテムなどの購入しているかどうかの確認を一度も購入を行ったことのない相手に対して行っていることから、コード内でエラーが発生していることが原因です。

おそらくテスト環境ではSandboxに登録したテストユーザでデバックを行っていると思います。しかし、テストユーザの場合は未購入というステータスが返りますが、Appleの審査ユーザーでは購入を行ったことのないユーザーに対してはエラーのステータスが返ります。

よって予期せぬステータスでアプリの動作に問題が発生するということでGuideline 2.1に抵触するというわけです。

ではその、解決策に関してご紹介します。

「SwiftyStorekKit」審査でGuideline 2.1でリジェクトされる解決策

解決策としては購入を一度も行ったことのないユーザに対しては購入アイテム関連の確認処理は行わないようにすることが最も良い手法です。

皆さんの解決に繋がれば幸いです。

今回の記事は以上です。他にも多数のSwift関連の記事を記載しています。興味があればサイト内見ていってください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました