スポンサーリンク

【AWS】AWSのEC2でPython3をインストールし、仮想環境構築を行う手順。

AWS
スポンサーリンク

今回の記事はAWSのEC2でPython3をインストールしPythonの仮想環境「venv」を作成する手順を記事にします。AWS開発に関しては複数の記事を書いております。また、Python関連はAIからRPA、Djangoまで幅広く記事を書いているので気になる方はリンクから記事をご参照ください。

ではメインの記事に進みます。

スポンサーリンク

AWSのEC2インスタンス作成とSSH接続

こちらに関しては下記の記事にまとめているのでこちらをご参照ください。

無料枠でAWSのEC2インスタンス作成&SSH接続手順

AWSのEC2でPython3をインストールと仮想環境構築

既存のEC2の「t.micro」ではPython2系のみが入っている為Python3の「venv」が使用できません。その為、Python3をインストールする機会は多いと考えられます。

〜SSH接続後〜
#パッケージインデックスのアップデート
[ec2-user ~]$ yum check-update

#Pythonのインストール(インストールされていない場合のみ)
[ec2-user ~]$ sudo yum install python3 -y

#仮想環境の構築
[ec2-user ~]$ python3 -m venv env

#仮想環境をアクティブにする
[ec2-user ~]$ source ~/env/bin/activate

#仮想環境の有効化成功
(env) [ec2-user ~]$

#pipで必要なライブラリを入れていく
(env) [ec2-user ~]$ pip install [ライブラリ名]

以上で環境構築は完了です。簡単ですね。

PythonのFlaskでEC2サーバに処理を与えてみた記事などもありますので気になる方は是非参照にしてください。

AWS
スポンサーリンク
tomoをフォローする
スポンサーリンク
SunnyDayTravel-Blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました