スポンサーリンク

【機械学習】TensorFlow Liteとは? 〜 実用例つき 〜

機械学習
スポンサーリンク

今回の記事は機械学習関連の記事で、「TensorFlow Liteとは?」という方向けにTensorFlow Liteに関して実用例付きでご紹介する内容です。初心者にも分かりやすいように記載していくので是非参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

「TensorFlow Lite」の前に「TensorFlow」とは?

「TensorFlow Lite」の前に「TensorFlow」について知る必要があります。TensorFlowは機械学習を行うための便利なライブラリです。TensorFlow Liteを理解する上でこの前提は必要です。

TensorFlowを使用して俗にいうAIモデル(AIの処理を行える脳のようなベース)を作成することができます。また、このようなライブラリは非常に多いのですが、その中でも産業系としては最も使用頻度が高いことが特徴的です。

ではTensorFlow Liteについてご紹介していきます。

「TensorFlow Lite」とは?

 TensorFlow Liteはエッジ端末用のAIモデルの種類のことを指します。なぜエッジ用端末で使用されるかですが、精度の高いAIエンジンは非常に有用ですが、処理が遅く高速処理を可能とする大規模なサーバでしか使用することが現実的ではありません。

そのため、スマホやカメラなどのエッジ用端末で利用できるように軽量なAIモデルを作成する必要が産業業界では欠かせないのです。この軽量モデルの一つに先ほど紹介したTensorFlow Liteがあります。

つまり「TensorFlow Liteとは?」という疑問に関しては「エッジ用端末で利用できるようになった軽量なAIモデル」というのが回答になります。

では今回の記事は以上です。他にも多数の機械学習関連の記事を記載しております。是非興味ある方は他の記事も参考にしてみて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました