スポンサーリンク

「Cannot find type ‘GADInterstitial’ in scope? 」のエラー回避方法。〜 Xcode 〜

Swift
スポンサーリンク

今回の記事はXcode開発でよくある「Cannot find type ‘GADInterstitial’ in scope?」の回避方法に関する記事です。

スポンサーリンク

「Cannot find type ‘GADInterstitial’ in scope?」原因

こちらの原因は「import GoogleMobileAds」がうまく働いていない為です。基本的にpodでのインストールを行った際に何か不具合が発生し、フレームワークがうまくインストールできなかったと考えるのが普通です。

では回避方法を紹介していきます。

「Cannot find type ‘GADInterstitial’ in scope?」回避方法

手動でフレームワーク追加した方

手動の場合はかなり手順が厄介な為「pod install」に切り替えましょう。これに尽きます。

podのバージョンが古い

こちら私も引っ掛かったエラーなのですがpodが古いままだとworkspaceがそもそも作成できず、通常のxcodeprojectのまま操作を行っている為、「Cannot find type ‘GADInterstitial’ in scope?」が表示されます。

pod update

これで最新のpodにアップデートできます。

podのインストールコードが違う

こちらも引っ掛かったのですが下記コードで「pod install」すると正常なworkspaceが作成でき、エラーも発生することがありませんでした。

pod install --repo-update

これでおそらくこのエラーは解消されると思います。

以上で今回の記事を終了します。アプリの配信やアプリ内にAdmob広告を貼る手順に関しては私の下記記事でも紹介しているので前手順を確認したい方はそちらから確認してみてください。

iOSアプリをアップルストアに配信する手順
【Swift】配信したアプリにAdmob広告を貼る方法

本記事を読んでいただき感謝です。サイトを訪れていただいた方はプログラミング勉強中かと思いますのでプログラミング勉強のコツを合わせてご紹介。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ブログに関しては500円程度かかりますが、それ以外は無料です。知識の吸収と並行してアウトプットは非常に効率が良いです。テックアカデミーに関しては講座レベルが高いにも関わらず、無料体験や人気口座も大幅値下げがあるので、重点的に学びたいものを無料体験してみてください。

転職時にも、エンジニアからテックアカデミー・Paizaは認知度が高いので、未経験入社採用を行う際履歴書で目に留まります。特にPaizaのスキルレベルA・SなどはIT業界でも評価されます。

テックアカデミー・Paizaの無料登録ができる期間中にぜひご利用してみてください。私も活用経験ありです。

Swift
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ともぶろぐ

コメント

タイトルとURLをコピーしました