スポンサーリンク

【Swift】textfieldの使い方ご紹介。 〜 初心者用 入力欄の設置 〜

Swift
スポンサーリンク

今回の記事はSwiftのtextfieldの使い方をご紹介する内容の記事です。初心者用の記事ですのでアプリ内に入力欄を設置する方法をできるだけ丁寧に解説していきます。初心者にも分かりやすく簡単に記載していくので是非参考にして下さい。

スポンサーリンク

textfieldをアプリに設置

まずはプロジェクト内のMainStoryboardを開き、Xcode上部の「+」マークをクリックし、textfieldを選択します。次にStoryboard上にドラッグします。

これで下記のようにStoryboard上にtextfieldが表示されるようになります。

では次にこのtextfieldとViewcontroller.swiftに紐付けていきます。

textfieldをアプリに接続

次にStoryboardをクリックし、Xcode右上のハンバーガーメニューから「Assistant」をクリックします。すると、Xcodeの画面が2画面に分かれ、片方にstoryboard、もう片方に紐付いているviewcontroller.swiftにが表示されます。

この状態で下記のようにtextfieldからviewcontroller.swiftに「Ctrl+ドラッグ」でアプリに接続しておきましょう。

接続の際に下記のような表示があるのでtextfieldの名前を設定します。

今回は「testtext」と記載しました。Viewcontroller.swiftには下記のように自動的に記述されます。

@IBOutlet weak var testtext: UITextField!

ではこのtextfieldの実践的な使い方を見ていきましょう。

swiftでtextfieldの使い方

具体的な使用方法を順番に解説していきます。

textfieldに文字を表示する

testtext.text = "表示させたい文字"

textfieldの文字色

testtext.textColor = UIColor.blue

textfieldのフォント設定

testtext.font = UIFont(name: "HiraMinProN-W3", size: 30)

textfieldの整列

testtext.textAlignment = NSTextAlignment.right

textfieldの境界線設定

testtext.borderStyle = UITextBorderStyle.bezel

textfieldにデフォルトでグレー文字表示

testtext.placeholder = "表示したい文字"

textfieldにクリアボタン設置

testtext.clearButtonMode = UITextFieldViewMode.always //つねに表示

textfieldのキーボード変更

testtext.keyboardType = UIKeyboardType.URL

textfieldリターンキー変更

testtext.returnKeyType = UIReturnKeyType.google

以上が具体的な使用方法です。それぞれ試して慣れていきましょう。

では今回の記事は以上です。他にも多数のSwift関連の記事を記載しているので興味があれば是非参考にしてみて下さい。

おすすめ情報ご紹介。

下記リンクよりU-NEXTの契約をすると31日間無料でU-NEXTの全動画約21万作品を見放題です。31日期間に解約すれば0円です。今だけのおすすめ情報なのでまだ登録していない人は是非!

スポンサーリンク
Swift
スポンサーリンク
シェアする
スポンサーリンク
SunnyDayTravel-Blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました